熊本SR建設業労災センター

熊本SR建設業労災センターは熊本県社会保険労務士会が母体となって運営している一人親方組合で、平成22年10月に設立しました。

熊本SR経営労務センターと事務委託を結んでおり、実際の運営は熊本SR経営労務センターで行っております。

入会について

中小事業主と一人親方について

一人親方とは原則として、発注者、元請けまたは下請け業者との請負契約に基づいて就労される方が対象となります。

完全に雇われていたり、または誰かを雇っている場合(注)には、一人親方とみなされない恐れがありますので、十分ご注意ください。

(注)いわゆる「手伝い」等も内容によっては雇い(雇用)とみなされる場合があり得ます。

中小事業主と一人親方の違い

会費

年額12,000円(月額1,000円)

保険料

年間34,675円~173,375円
  • 希望する給付基礎日額(5,000円~25,000円の間で14段階)×365×19/1000
  • 給付基礎日額とは、通常は労働基準法の平均賃金(1日)に該当し、労災保険の給付額を算定する基礎となるものです。特別加入の場合、その方の所得水準に見合った適正な額を申請していただき、熊本労働局長が承認した額が給付基礎日額となります。
  • 料率は年度により変更になる場合があります。
  • なお、年度途中入会(加入)の場合、月割りの計算になります。保険料の月割りの額については、当センターまでお問い合わせください。

支払い方法について

入会時のみ現金持参をお願いします。

次年度以降については、保険料、会費とも、原則として年1回(毎年3月)の口座振替でのみ受け付けます。
従いまして、入会時に「預金口座振替依頼書」を提出していただくことになります。

(※熊本県内に本店がある地元金融機関または ゆうちょ銀行 限定)

入会後の注意点

「労働保険 建設業一人親方 特別加入証」(組合員証)について

入会審査終了後、保険料・会費の入金が確認でき次第、当センターより労働局への「特別加入」の申請の手続き行います。
それらの手続が終了後、当センターより「労働保険 建設業一人親方 特別加入証」(組合員証)を送付します。

この組合員証の有効期限は、1年間(年度途中入会の場合は、年度末まで)です。
紛失等しないよう大切に保管してください。

退会及び各種変更手続きについて

  1. 退会について年度途中でも退会(特別加入の脱退)はできますが、遡っての特別加入の脱退はできません。また、会費の返還も行いません。 保険料については清算いたしますが、退会(脱退)の当センターへの申し出が遅くなりますと、翌月分の特別加入保険料が発生しますのでご注意ください。 目安といたしましては、毎月25日までをめどにお申し出ください。 なお、退会の際には「組合員証」を返還していただきます。
  2. 給付基礎日額の変更について給付基礎日額の変更は年度初めでしかできませんので、ご了承ください。
  3. 住所等の変更についてその他住所等各種変更事由がありましたら、遅滞なく当センターまでお申し出ください。

給付の内容について

労災保険の給付の種類といたしましては療養補償給付(けがの治療)をはじめ、7種類あります。

一番多いであろう給付といたしまして先述の療養補償給付がありますが、これはお仕事中にけがをして、医療機関等で治療を受けた場合、その事故が労災事故と熊本労働基準監督署が認めた場合に必要と認めた治療費の全額を給付するものです。

一般的には治療という現物給付で行われることになります。
また、その目的上、病院等に行かずに治療した場合は給付の対象となりません。

その次の多い給付といたしまして休業補償給付があります。
これは労災事故によるけがの治療のため就労できなかった場合の第4日目から支給される所得補償で、これは給付基礎日額の8割(特別支給金含む)(給付基礎日額が5,000円であれば4,000円)が指定する口座に振り込まれます。

この給付は「就労できなかった」が条件ですから、入院1カ月と診断された場合でも、1カ月分の先払いはできません。

また、入院でなくとも医師の指示のもと、自宅療養の場合でも給付されますが、医師の指示なしに自己判断で休業した場合には給付されませんのでご注意ください。

また、通勤災害も給付の対象となります。
なお、相手がいる事故の場合(第三者行為災害)は他の保険(自賠責保険等)と選択の上、調整されることがあります。

詳細またはその他の給付(障害、死亡等)につきましては個別にお問い合わせください。

給付の手続きについて

万が一お仕事中に事故が起きましたら、当センターにご連絡ください。給付申請は各人で直接行っていただくか(管轄署:熊本労働基準監督署)、お近くの社会保険労務士へご相談ください。

なお、事務組合(熊本SR経営労務センター)での給付申請事務につきましては法律上出来ないことになっておりますが、療養補償給付及び休業補償給付につきましては必要に応じて当センターで書き方などの指導を無償で行います(第三者行為災害届を除く)。

お問い合わせ

建設業一人親方組合 熊本SR建設業労災センター

(事務委託機関) 労働保険事務組合 熊本SR経営労務センター

〒860-0801 熊本市中央区安政町8-16 村瀬海運ビル7F(熊本県社会保険労務士会内)
TEL 096-324-1001 FAX 096-223-5154
sr-jimukumiai@sr-kumamoto.or.jp

平日(月~金)9:00~17:00
※土、日、祝日、お盆(8/13~15)、年末年年始(12/29~1/3)はお休みです。
※来局の際は事前に電話にてご連絡をお願いします。

社労士の方はこちらからログインしてください。

BACK TO TOP